就労支援専門デイケア

「働きたい」想いをサポートする、就労・復職支援プログラム。

離職中、未就労の方へ

デイケアの目的

  • 生活リズムの立て直し

    毎日決まった時間に通所することで、規則正しい生活リズムを取り戻します。

  • 体力、集中力、思考力の回復

    個人ワークやグループワーク、様々なプログラムを通して、就労に必要な能力の回復を図ります。

  • コミュニケーションスキルの向上

    スタッフや他の通所者との交流や、SST(ソーシャルスキルトレーニング)・アサーションといったプログラムを通して、コミュニケーション能力の向上を目指します。

  • 再発・再休職の防止

    心理教育により一人ひとりが疾病理解を深め、症状の再発防止につながる対策を考えていきます。さらに、ご家族の十分な支援が得られるよう家族教育も行います。


対象

  • うつ病や適応障害といった精神疾患が原因で、休職中あるいは失業中、
    就職しても続かない、すぐに辞めてしまう方。

  • 就労の意思、リハビリに参加する意欲のある方。

  • 主治医からデイケア利用の許可が得られている方。


日時

火~金曜日 9:30~15:30 (祝日休み)

※状態により通所日数の相談可能。
※ショートケアでの通所も可能。


費用

保険診療が適用されます。
また、自立支援医療(精神通院)を利用したい方は、主治医にご相談ください。

※交通費や昼食代などはご負担いただきます。


心身のコンディションを整える

プログラムの内容

  • オフィスワークプログラム

    様々な課題への取り組みやパソコンを使った軽作業。

  • スポーツプログラム

    卓球、エクササイズ、ヨガなどの軽い運動。

  • リラクゼーションプログラム

    自律訓練法、筋弛緩法、アロマテラピーなど。

  • 心理教育プログラム

    疾病理解、健康向上のための講義。

  • コミュニケーションスキル向上プログラム

    SST、アサーションを通したコミュニケーション訓練。

  • 交流プログラム

    ディベート、茶話会を通し親睦を深める。


スムーズな就労に向けて

通所までの流れ

  • 1当院診察

    事前に主治医の許可を得てください。

  • 2説明・見学会

     

  • 3体験通所

    ショートケアを体験していただきます。

  • 4判定会議

    通所可能と判定された後、同意書を提出。

  • 5通所開始


一日の流れ

  • 19:30

    朝のミーティング → 午前のプログラム

  • 212:00

    昼食・休憩 → 午後のプログラム

  • 315:30

    ミーティング → 帰宅


精神科専門医、心理カウンセラー、精神保健福祉士、看護師など充実したスタッフが
随時個人相談、カウンセリングを行います。