当クリニックについて

理念

Mental & Internal Oasis
医学に基づいた、心と身体、その内側からケアをする場所を提供したいというのが当クリニックの理念です。
メンタル(精神科)とインターナル(内科)を兼ね備えた、こころとからだをケアすることのできる
医療機関としての「オアシス」こそが、私たちの目指すクリニックのカタチです。

院長挨拶

はじめまして、院長の須藤将章です。
職場や家庭、学校などでの「ストレス」は時として、こころとからだに「痛み」を引き起こします。その「痛み」を誰に相談すれば良いのか、これって病気なの?と長期間我慢している方もきっとたくさんおられると思います。
いつ、誰にでも起こりえる「こころの病気」は、身体的な病気とは異なり、検査や数値で分かるものではありません。しかし、病気である以上、正しい治療をすればしっかり治る病気なのです。患者さんの症状は一人ひとり異なり、治療方法も異なります。だからこそ、患者さんと一緒に治療の方向や治療のゴールを考えていくことができるクリニックでありたいと思っています。

当クリニックには、ドクターズサロンが併設されています。女性にとって「老いへのストレス」は大きな問題です。
医療の力をうまく利用すればそのストレスを軽減する方法はたくさんあります。出来るだけ多くの女性のお力になれればと費用面でも配慮したサロンとなっています。

院長 須藤将章

資 格

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医
日本医師会認定産業医
厚生労働省認定 認知症サポート医
ADHD治療薬コンサータ登録医

経 歴

社会医療法人杏嶺会 上林記念病院 精神科・内科医長
老人保健施設やすらぎ 副施設長
一宮市立中央看護専門学校 講師
社会福祉法人 愛厚ホーム一宮苑 嘱託医
社会福祉法人 愛厚ホーム明知寮 嘱託医
十六銀行 産業医


診療方針

当クリニックでは、院長の私が「こころとからだのかかりつけ医」として、
責任もって全ての患者さんと向き合い、症状の原因となる「ストレス」を取り除きます。
主治医の変更がない安心の診療環境で、お悩みをゆっくりと聞かせて下さい。

当クリニックは患者さんのプライバシーに配慮した、丁寧な診療を心がけます。
さらに予約制で、患者さんにとってストレスになる診察待ち時間の軽減に努めます。

シンボルマーク

「人」の字をモチーフに、その病気や障害だけではなく身体・精神・社会的立場など、あらゆる角度からアプローチをおこなう全人的医療(Bio-Psycho-Social Medicine)を表現しました。

また、決してぶれない「診療の道筋」と本来あるべき「その人らしさ」を示すため、四季などの自然環境に影響する「地球の地軸の傾き(約23.43度)」にあわせています。